FC2ブログ
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

もうあまり時間がない、だから天体写真

2011年11月、61歳から始めた天体写真です。天体写真・・・やり残した事の1つです。あまり時間がありません。やれるとこまでやります。

星野王子SOSのランキング集計結果

月光の下、QHY5L-ⅡM で M42 を撮ってみた・・・結果は(^^)/

オリオン座の直ぐ近くに月齢20の月が煌々と輝く中、
オートガイド用のカメラ QHY5L-ⅡM でオリオン大星雲M42)を撮ってみました。

結果は想像以上のよく写っていて大変嬉しいです。

去年の12月に180mmの望遠レンズとQHY5L-ⅡMの組合せでM42を撮りましたが、
あの時はまったく冴えない写真で、期待していただけに失望は大きかったです。
その時の記事はこちらを参照してください。

鏡筒は、1年前にメルカリで購入したカビ・クモリありのタカハシFC-76鏡筒(D:67mm、fl:600mm)。
これに、KENKOのクローズアップレンズNo.4(D:49mm、fl:250mm)を 0.63倍レデューサーとして使用し
fl:378mmとして撮影。
7.8のf値が約4.6に短縮されます。

QHY5L-ⅡMは、1/3型CMOSなので、見かけ上の焦点距離はフルサイズの7.2倍、つまり、約2,700mmになります。
FC-76鏡筒がf:2700mm・f:4.6鏡筒に変身する訳ですね。


この鏡筒とカメラの組合せで、ShapCapのスクリーン上にM42が映し出された時、
思いのほか鮮やかだったので驚きました。

イメージサークルの中心部を1/3型の小さなセンサーで撮影する訳ですが、
さすが、タカハシの望遠鏡、シャープに写っています。

星が少し肥大しているのは、星雲も恒星の一緒たくに強画像処理した私の非力が原因です。


M42_20111116_01
  撮影日時: 2019.11.17 00:34 ~ 00:44
  撮影鏡筒 : タカハシ FC-76 (D:76mm・fl:600mm フローライト鏡)
          KENKO クローズアップNo.4を0.63倍レデューサーとして使用。
  カメラ: QHY5L-ⅡM (LPS-P2フィルター使用)
  架台:Celestron Advanced VX赤道儀(オートガイドなし)
  露出: ColourSpace=MONO8、Gain=13、Exp=19.3sec、 ライト、ダーク各30枚。
  処理: SI6.5(Level+Tone調整)+PSC2(アンシャープマスクでエッジ強調)


↓↓クリックをお願いします。私にエネルギーを下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/11/17(日) 23:36:26|
  2.  ├ 星雲、星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

星のGG

Author:星のGG
FC2ブログへようこそ!

超周回遅れで天体写真を始めました。もう余り時間がありませんが、行けるとこまで頑張ります。

居住地は全国的に知名度の高い浦安市近辺。
夜空に光あふれるTokyo-Bay Areaです。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (3)
■ 星、天体写真 (0)
 ├ 機材 (22)
 ├ 月面写真 (6cm屈折) (3)
 ├ 月面写真 (12cm 屈折) (3)
 ├ 月面写真 (その他) (5)
 ├ 惑星 (4)
 ├ 星雲、星団 (60)
 ├ 星野写真 (5)
 ├ 画像処理 (4)
 ├ いろいろテスト撮影 (23)
 ├ いろいろ工作 (21)
 ├ その他 (36)
■ 山 (7)
■ iPhone (6)
■ 都会の風景 (19)
■ その他 (29)
 ├ 映画に関するあれこれ (1)
 | ├ 趣味的活動 (5)
 | ├ 知ったかぶり政治、経済 (4)
 | ├ コンピュータ関連 (9)
 | └ 世間ばなし (7)
============== (0)
■ 旧文書_書庫 (12)

月別アーカイブ

MONTHLY

最新コメント

最新トラックバック

にほんブログ村ブログ ・・・天体写真

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる